日焼け止めの選び方と使い方の紹介

いくつになっても、きれいな肌でいたいと思うのは女性なら誰しも思うことですよね。
そんな肌の大敵はなんといっても紫外線です。

 
日焼け止めは年中活用したほうがよいとも言われていますが、特に初夏から夏にかけてはより一層気を付けたいところですね。

 
ただ、いろいろ出ていてどんなものを選べばいいか、不安に感じることはないでしょうか。
今回は、そういった悩みの解決になればいいなということで、紹介していきたいと思います。

<SPF・PAってなに?>

日焼け止めを購入しようとするとき、パッケージに必ず表記されているこのSPFとPAですが、なんとなく数値が大きければいいかなくらいの感覚ではないでしょうか。

 
もちろん、数値が大きい方が効果が高いということは間違っていません。
では具体的にどういった役目があるのかを紹介します。

まずSPFですが、こちらは紫外線UVーBから肌を保護します。
B波は肌を赤くするものです。

 
表記1から50まであって、数値が高いほうがこのB波から肌を守ってくれるわけです。
次にPAですが、こちらは紫外線UV-Aを防ぐものです。
A波は肌を黒くします。

 
表記は+から++++まであって、こちらは+の数が大きいほど肌が黒くなる時間をかせいでくれるというものです。

<どの数値の日焼け止めを選べばいいの?>

とにかく数値が高いものを選んでおけばいいだろうというのは、ちょっとおおざっぱな考え方だと思います。

 
数値が高ければもちろん日焼けを抑える効果はあがりますが、肌への負担も少なからずあがります。
そこで、どのくらいのものを使えばよいのか紹介します。

 

毎日使いでは、SPFは20、PAは++くらいのものでよいでしょう。
もちろん毎日外で仕事をしている方は別です。

 
家を出て会社内でお仕事される方や、洗濯や買い物などで外には出るが家の中で過ごす時間も長いという日常です。
外で一日を過ごしたり、とくに海や山のレジャーに出かけるときは、SPF50、PA+++または++++を選びましょう。

 
やはり、外にいる時間が長い場合は数値は高いものを選んだほうが当然よいです。
ですので、出かける場所や時間などを考えて使い分けるといいですね。

<正しい使い方って?>

数値などを気にしていざ購入しても、間違った使い方をしてしまったら効果は半減してしまいます。
正しく使って、日焼けを防ぎましょう。

大事なことを3つあげたいと思います。

 
1、ムラなくのばす。
ムラがあっては、当然塗り損ねたところは日焼けのダメージを受けてしまいます。
惜しみなくつけることが大切です。
少量過ぎては、効果が出ません。

 
2、すりこまない。
日焼け止めをゴシゴシ肌に塗りこんでしまってはいけません。
日焼け止めは肌の表面に塗って紫外線をブロックするものですので、肌に浸透させるものではありません。
また、乾燥している肌に使ってはいけません。
しっかり保湿してから使用しましょう。

 
3、2-3時間ごとに塗り直す。
朝塗ったら終わりではなく、塗り直すことが大切です。
当然汗もかきますし、顔や体をふくことはありますよね。
その時に日焼け止めは少しずつとれてしまいますので、そのままにしておくとやはり効果は半減していまいます。

<まとめ>

いかがでしたでしょうか。
正しい選び方と塗り方で、快適に過ごしたいものですね。
そして、きれいな肌でいれると最高です。

カテゴリー: 美白ケア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です